大萬燈祭

菅公御神忌1100年大萬燈祭は50年に一度行われる大祭で、当社では平成14年3月に行われ ました。 ここにその時の行われた大祭の概要を紹介いたします

御神忌千年大萬燈祭の図(明治35年)

御神忌千年大萬燈祭の図(明治35年)

長岡天満宮大萬燈祭

菅公御神忌1100年大萬燈祭

「天神さま」のお社は全国に一万二千とも言われています。又天神と名の付く地名もあちこちに多数あります。菅原道真公は「文武両道の 神」として民衆の魂に生きつづけ、人々の暮らしの中に深く入り込ん でいるのです。天神信仰は、初期の段階から庶民の力が大きく関わ り、日本古来の習俗に根ざしながら発展してきました。このように天神信仰が日本の文化、教育、学問等に与えてきた影響には多大なものがあります。来る平成14年はこの菅原道真公薨去より1100年に相当いたします。当社では古来50年毎に行ってまいりました例にならい大萬燈祭を斎行し、神慮をお慰め申しあげると共に、御社殿の修復、増改築等をはじめ神域の整備を進め、御神威の更なるご発揚を計り、併せて「文道の大祖、風月の本主」と仰がれる御祭神の御遺徳 を偲んで地域社会の芸術・文化の向上にいささか寄与いたしたく存じます。

1100年大萬燈祭奉賛会 会 長   稲盛  和夫
大萬燈祭実行委員会    委員長   田村  治夫
長岡天満宮        宮 司   中小路 宗隆

記念事業概要

・式年大祭の斎行、萬燈献灯
・社殿の修復と増改築工事(平成10年秋竣工済)
・正面大鳥居の建立(平成11年春竣工済)
・参道石玉垣の新設(平成13年10月竣工)
・駐車場整備
・神社史の刊行・芸術文化振興基金の創設
・その他

祭典催事

平成14年
3月23日(土)
 9時  大祭始奉告祭
 11時 献木行列、稚児社参(雨天の場合翌24日)
 15時 筝三絃尺八(岡田多栄子社中)
3月24日(日)
 10時  民舞奉納(長岡京民謡の会・高槻民舞の会)
10時半  献花祭
 11時  演武奉納(剣道・柔道・空手・少林寺拳法・居合道・合氣道)
 14時  響太鼓 16時
 16時  長岡京市民管弦楽団演奏(雨天中止)
3月25日(月)
 11時  式年大祭 ・・・今回の大萬燈祭で最も重要な御神忌1100年のお祭りです・・・
13時半  包丁式(生間流 宗家 小西重義)
 15時  今様(日本今様謌舞楽会)
3月26日(火)
 10時  津軽三味線尺八奉納(福島怒水・小西重義)
 11時  詩吟(景心流、賀堂流)
3月27日(水)
 10時  大般若経六百巻転読
 12時  奉納羽つき大会
 14時  連歌奉納(京都連歌の会)
 16時  放生会
3月28日(木)
 10時  献盆祭(盆石細川流宗家土居晴翠)
 11時  翁舞奉納(金春流 黒崎松韻会)
 13時  能管他(希波牟の会)<能管・野中久美子、歌舞伎舞踊・村山左近、箏三絃・戸波有香庫、筑紫舞・鈴鹿千代乃>
 14時  剣詩舞(日本水華流剣詩舞道 宗家大谷玄鳳)
 16時  インド舞踊(ダヤ・トミコ)
3月29日(金)
 10時  献茶祭(裏千家若宗匠 千宗之) お茶席当日券有
13時
 雅楽(いちひめ雅楽会)
16時半
 大正琴
3月30日(土)
 10時 献茶祭(煎茶道方円流家元 水口豊圓) お茶席当日券有 
 14時 神楽(山城舞楽京都和楽会)
 16時 雅楽(鳴鳳雅楽会)
3月31日(日)
 10時  献菓祭(長岡献菓講 特製和洋菓子奉納、即売)
 11時  湯立神楽(吉田流神楽 笠井正義)
 13時  観世流能楽 大蔵流狂言
 18時  参道に竹明かり点燈(乙訓竹あそびの会)
19時半  竹太鼓演奏
4月1日(月)
 10時  大祭終了奉告祭
 11時  放生会
 12時  日本舞踊(藤間流、若柳流、山村流)
 19時  クラシックコンサート(拝殿にて)
◆その他の奉納予定
・短歌 ・俳句 ・琴
・錦水亭別館竹生園会場(長岡天満宮本殿より徒歩3分)
★盆石展 3月24日~3月31日
★ 生花展
3月24日、25日 池坊
3月27日、28日 未生流中山文甫会
3月30日、31日 嵯峨御流
・梅華学院会場(阪急 長岡天神駅西徒歩2分 P有 <ケンタッキー後ろ>)
★天神様人形展
★書初展(本年正月の書初大会上位入賞者の作品展)
★版画展(勝山正則)

更新日:

Copyright©長岡天満宮 , 2020 All Rights Reserved